MT5インジケーター ラインの自動コピー

ラインオートコピー

FXチャート MT5(MetaTrader5)用のインジケータです。
ラインを自動で別のチャートにコピーします。
MT4版はこちらです。

コピー出来るのは下記のオブジェクトです。
トレンドライン 水平線 フィボナッチ 垂直線 テキスト
アローライン 矢印 四角 丸 三角 角度付トレンドライン


基本的に同じ通貨ペアでのみコピーします。
また、設定を変えると同じ通貨ペアでもあるチャートはラインをコピーせずに使う、と言うことも出来ます。

チャートの枚数にも特に制限はありません。
コピーしたいチャートにインジケーターをインストールすれば増やせます。
例や動画では2枚で解説しておりますが、4枚チャートやそれ以上のチャートでもコピー・削除できます。


ラインはどのチャートで引いたかを意識せずに移動や削除が出来ます。
例えば1時間足チャートで引いたラインが5分足チャートにコピーされたとします。
5分足チャートでラインを動かしてを微調整すると元の1時間足チャートのラインも同じ位置に移動します。
また、5分足チャートで1時間足チャートからコピーされたラインを削除すると、元の1時間足チャートのラインも削除されます。

ラインの色や種類は個別に変更可能です。
このラインだけ太く、このラインだけ青色になど自由に行えます。
また、コピー・削除と同じくコピーされた方を変更するとコピー元も変更されます。
コピー元、コピー先に関係なくラインを変更すると、別のチャートの同じラインが変更される仕様です。

どのチャートのラインを移動させたり削除させたりしても他のチャートに反映されます。


キーボード+クリックでトレンドラインを水平に。
コピーではありませんが自分で使っていて地味に役立っている機能です。

大きい足で引いたラインが微妙に真っ直ぐでない時、小さい足でのズレが意外と大きいです。
またラインがローソク足に吸い付いて思ったように引けない時もあります。
そんなときに役立っています。
通常ではラインのプロパティでレートを同じにしない出来ないことが簡単にできます。

設定したキーを押しながらラインをクリックすると真っ直ぐになります。
2013y08m21d_022145674.png
2013y08m21d_022217072.png


角度付トレンドラインを自動的に水平にする機能があります(設定で解除可)
角度付トレンドラインはチャートのスケールを固定しないと使いにくいのですが、
水平に固定することで短期水平線用として使いやすくすることが出来ます。
短期水平線を沢山引かれる方向けの機能です。

インジケーターの他にインストール方法や設定などを解説したpdfファイルのマニュアルがついております。
購入前、購入後で不明な点がありましたらコメントをお願いします。


動作のイメージです。
右のチャートにラインを引くと、左のチャートにコピーされます。





ジグザグモード

トレンドラインを使って手動で波を描かれている方向けの機能です。
波のラインが他のチャートにコピーされないようにします。



上が1時間足で下が15分足です。
通常どおりラインで波を描くと下にコピーされています。
赤ラインを削除した後、上のチャートの左下に白い四角が確認出来ると思います。
これがジグザグモードに切り替わった状態です。
この状態でトレンドラインを引くと、設定した色に自動で変わり他のチャートへコピーされなくなります。

最初の赤ラインと同じように1時間足へ手動で波を書いていますが15分足にコピーされていません。
設定したキーを押すと通常に戻りまたラインがコピーされるようになります。

なおジグザグモードを切った状態でも、ジグザグモードで引いたトレンドラインは動かしても他のチャートへはコピーされませんので微調整なども可能です。
それぞれの足で使用すると、独立した波が描けるようになります。

最後に大きく傾けたトレンドラインが水平になるのが、
これがSを押しながらラインをクリックすると水平になる機能です。


インジケーターの他、PDFのマニュアルが付属しております。
よろしければご検討下さい。









決済はペイパル、またはスルガ銀行へのお振り込みになります。
楽天銀行へのお振り込み・ペイパル以外でのクレジットカード決済・コンビニ決済・電子マネー決済をご希望の方は、
お手数ですがDLmarketの販売ページからお手続き下さい。
DLmarketで購入

MT4でチャートの画像保存ソフト

MT4キャプチャ
MT4のチャートを画像で保存するソフトです。
MT5キャプチャのMT4版です。

トレード記録、ブログやSNSへのアップなど画像を保存する機会は色々ありますが、
画像を保存したり必要な部分を切り出したりと手間がかかります。
そこでチャートの画像をなるべく楽に保存したいと考えて作成したツールです。

基本的な使い方は簡単。
ツールが起動したらタスクトレイに常駐します。
後はチャートをアクティブにしてPrintScreenキーを押すだけで、自動的にチャートをPNG形式の画像で保存します。
インジケーターでは無いので、新しく開いたチャートでもすぐに保存が可能です。

設定したら保存するファイル名は自動。
保存するフォルダやファイル名のパターンは事前に設定しておきます。
そうすると20141012141216.pngのような現在の時間などを使ったファイル名や、
通貨ペアを加えたファイル名などに変換して自動で保存フォルダに保存していきます。

初期設定では日付を使った連番で保存されます。
設定無しでも使用可能です。

また、チャートのカーソルのある時間を使ったファイル名も可能です。
MT4Chart.png

3種類のキャプチャ。
PrintScreenキーで、赤枠の中のチャート全体をキャプチャ。

Altキーを押しながらPrintScreenキーで青枠の中のプログラム全体をキャプチャ。

Ctrlキーを押しながらPrintScreenキーでアクティブなチャートをキャプチャ。
上記のチャートでは左上のチャートがアクティブなので、緑枠の中がキャプチャされます。

用途に応じてキャプチャの範囲を変えられます。

*実際の動作では枠線は表示されません。
*キャプチャされる範囲の説明のために後から線を引いてあります。

よろしければご検討ください。

DLmarketで購入

MT5でチャートの画像保存

MT5キャプチャ
MT5のチャートを画像で保存するソフトです。

トレード記録、ブログやSNSへのアップなどチャートをキャプチャする機会は結構あります。
ただキャプチャするまでにの準備や、キャプチャした後の画像を必要な部分を切り出したりと手間がかかってました。
そこでチャートの画像をなるべく楽に保存したいと考えて作成したツールです。

基本的な使い方は簡単。
ツールが起動したらタスクトレイに常駐します。
後はチャートをアクティブにしてPrintScreenキーを押すだけで、自動的にチャートをPNG形式の画像で保存します。


設定したら保存するファイル名は自動。
保存するフォルダやファイル名のパターンは事前に設定しておきます。
そうすると20141012141216.pngのような現在の時間などを使ったファイル名や、
通貨ペアを加えたファイル名などに変換して自動で保存フォルダに保存していきます。

初期設定では日付を使った連番で保存されます。
設定無しでも使用可能です。

また、チャートのカーソルのある時間を使ったファイル名も可能です。

MT5Chart.png

3種類のキャプチャ。
PrintScreenキーで、赤枠の中のチャート全体をキャプチャ。

Altキーを押しながらPrintScreenキーで青枠の中のプログラム全体をキャプチャ。

Ctrlキーを押しながらPrintScreenキーでアクティブなチャートをキャプチャ。
上記のチャートでは左上のチャートがアクティブなので、緑枠の中がキャプチャされます。

用途に応じてキャプチャの範囲を変えられます。

*実際の動作では枠線は表示されません。
*キャプチャされる範囲の説明のために後から線を引いてあります。

よろしければご検討ください。

DLmarketで購入

MT4 Build 825 830の不具合について

こちらの不具合はMT4 build 840で解消されました。

MT4 build 825 830では不具合があり、データフォルダのパスに日本語(全角文字)が使用できないようです。
Windowsのユーザー名やフォルダのパス、インジケーターの名前に日本語(全角文字)を使用しているとインジケーターが使用できません。

MetaTraderの上の方にある表示→ターミナルをクリックすると下にウインドウが表示されます。
エキスパートのタブをクリックして画像のようにオレンジの三角マークでcannot load~と表示されていたらインジケーターの読み込みにエラーが発生しています。

2015y05m25d_190008313.png2015y05m25d_190114633.png


正常に読み込めた場合はグレーの丸で表示されます。
2015y05m25d_190145483.png

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\[長い英数]\MQL4\Indicators
MT4のデータフォルダは通常上記のような形式になります。
ユーザー名が全角の場合に動作しないと言う報告を頂いております。

ユーザー名が全角の場合は変更が難しいと思いますので、データフォルダを変更して下さい。

まず、MT4を全角文字を含まない場所でProgram Files以外の場所(管理者権限の問題が出てくる可能性があります)にインストールします。

http://appli64.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
そして上記の方法でデータフォルダを変更してみて下さい。

これで回避が出来ると思いますが、必ずバックアップを取った上、自己の責任でおこなって下さい。
データなどに万が一があった場合でも、こちらでは対応できません。